マシ・オカのプロフィール


masiokaphoto.jpg

マシ・オカ(Masi Oka)とは、今アメリカで最も注目されている日本人?日系人(彼が現在も日本国籍を有しているかは定かではない)俳優の一人。

07年に全米で大ヒットしたドラマシリーズHEROES(ヒーローズ)の日本のおたくサラリーマンのキャラ設定で、シリーズの中で重要な役割を荷うヒロ・ナカムラ役を演じたことにより、一躍全米の注目を浴びることになった。

マシ・オカこと岡 政偉(おか・まさより)は、1974年12月27日、日本・東京生まれの日本人。

マシオカは、6歳のときにアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスへ母親と共に移住し、現在に至るまでアメリカで暮らしている。

12歳の時にIQ180の天才少年として、"Those Asian-American Whiz Kids" (例のアジア系アメリカ人天才児たち)を特集した1987年8月31日発刊タイム誌表紙の写真に登場したこともある。

1997年には、アイビーリーグに加盟するブラウン大学(ロードアイランド州)で数学とコンピューター・サイエンスを専攻、舞台芸術を副専攻として卒業した。

卒業後は、サンフランシスコにあるジョージ・ルーカスが経営するVFX工房インダストリアル・ライト&マジック (ILM) 社でデジタル視覚効果アーティストとして画像描写アプリケーション開発に携わるようになり、映画『スター・ウォーズ』シリーズや『ターミネーター3』『パーフェクト・ストーム』『ハルク』『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』にVFXスタッフとして参加。

並行して俳優活動を続け、「ダーマ&グレッグ」"Scrubs"ほか数々のTVドラマや映画に出演。2006年、本作「HEROES/ヒーローズ」のキャラクターの中でも

2007年ゴールデングローブ賞ではTVシリーズ/ドラマ部門助演男優賞にノミネートされた。本作出演後の現在も、週に1・2度のペースでILMの仕事を続けている。

好きな漫画は、Monsters、Death Noteなど、ちなみに好きなお笑い芸人は「タカアンドトシ」とめざましテレビでは言っていた。

めざましテレビに出演当時のビデオ映像



当然のことながら日本語はぺらぺら。でも、実際のドラマだと日本語の表現が微妙な時がありますが、今回のインタビューは割りと自然だった。ちなみにHEROESの同僚の安藤君は韓国系の俳優で訛りが一発で韓国人と分かってしまう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。